伊勢の方向けの『債務整理』の相談無料 by 弁護士法人心

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

債務整理中に裁判を起こされた場合

1 債務整理と裁判

⑴ 債務整理を依頼したが裁判を起こされてしまった。

たとえば,債権者に支払うことを止めてから6カ月程度たった段階で債務整理を依頼した場合を想定します。

この場合でももちろん債務整理のご依頼をお受けすることはできます。

ただし,早めに債務整理のご依頼をいただいた場合に比べると何点かの問題がある場合が多いです。

そのひとつが,貸主から裁判を起こされてしまうリスクです。

裁判を起こされると,任意整理の交渉が難航するというデメリットのほかにも以下のような問題が想定されます。

⑵ 裁判を起こされると,どのような問題が生じるのか

複数ありますが,問題となることが多いのは,給料の差押えです。

仮に裁判により借りたお金を返しなさいという判決を取られてしまいますと,貸主側は国家権力を使って強制的に債務者の財産を取り上げてしまうという強力な手段に出る準備ができたことになります(これを強制執行といいます)。

具体的には,給料口座に入ってくるはずのお金について,債権者は自分のものにできてしまう立場に立つことになるのです。

⑶ どのように対応すべきか

ひとつのありうる手段としては,なるべく早く破産や民事再生の申し立てを行うことを目指し,それまでの時間を稼ぐことです。

破産や民事再生の申し立てを行った場合,裁判所は必要があると認めた時には,強制執行の手続を中止することができます(破産法24条,民事再生法26条。ただし,税金等,一部の特殊な債権についての強制執行は中止できない場合があります)。

その後,破産や民事再生の開始決定がなされれば,強制執行手続を行うことはできず,かつすでになされている強制執行手続は効力を失います(破産法42条,民事再生法39条)。

したがって,判決を取られて強制執行手続が開始,終了してしまう前に破産や民事再生の申し立てを行うことを目指していくことになります。

申立てを行うためにまだ時間がかかる段階で判決を取られてしまいますと,強制執行手続が終了してしまうおそれがあるのです。

そのため,判決を取られてしまうまでの時間をなるべく稼ぐ必要があります。

2 弁護士法人心へのご相談

弁護士法人心には,数多くの債務整理の実績があり,債務整理中の裁判対応についても,対応させていただけます。

伊勢市で債務整理をお考えの方は,弁護士法人心までお気軽にご相談ください。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

ご家族に知られずに債務整理を行う場合について

ご家族に内緒で借金をしている場合など,ご家族に知られずに債務整理を行いたいと希望される方は多いと思います。

債務整理をご依頼いただくと,お客様と当法人との間で,電話や書面のやり取りを行うことになります。

当法人では,郵便物をお送りする際に,事務所名が入っていない封筒を使用したり,郵便局留めにしたり,また,メールでやり取りを行う等,お客様のご希望に合わせて,対応させていただくことができますので,ご安心ください。

裁判所を通さず,債権者との話し合いによって和解を行う任意整理の場合,基本的には,ご家族の協力がなくても,自身の資力で返済を行うことが可能であれば,ご家族に知られずに手続きを終えることが可能です。

しかし,自己破産や個人再生を行う場合は,裁判所(お住いの地域の管轄の地方裁判所。

伊勢市にお住いの場合は,津地方裁判所伊勢支部になります。)に,家計の収支状況を書いたものや,所得に関する資料等を提出する必要があり,ご本人様だけでなく,同居のご家族の分も対象になります。

ただし,同居していても,家計を同一にしていないご両親や就職されているお子様といった方については,資料を提出しなくて済むこともあります。

反対に,配偶者の方は,通常,ご本人様と同一の家計とみなされますので,単身赴任等で別居している場合でも,書類をご提出いただく必要があります。

また,個人再生手続きでは,毎月安定して,個人再生が認められた後の返済見込額に相当する金額の黒字を出せなければ,裁判所が手続きを認めないため,ご家族にも節約に協力していただくのが望ましいです。

このようなことから,任意整理と比べると,自己破産や個人再生の場合,ご家族に知られずに手続きを行うハードルが高くなります。

詳しくは弁護士にご相談ください。

債務整理の相談は,弁護士会の決まりで,弁護士が直接面談をさせていただく必要があります。

ご相談をご希望の方は,まずはフリーダイヤルにお電話ください。

お問合せ・アクセス・地図へ